geta

(右はGRLの藤井リナ着用 4点セット桜柄浴衣から、左はHONEYSの浴衣オフ×牡丹から)
浴衣を着たら履きものは、下駄やぞうりが一般的ですよね。
ですが歩きにくいのでサンダルで行きたい、という人も多いかもしれませんね。
浴衣にサンダルはOKなんでしょうか?

浴衣のときは、履物は下駄やそうりが一般的ですよね。

下駄を買うときはかかとが少し出るくらいの小さめのサイズを選ぶか、もしくはぴったりのものがよいです。
下駄や草履は鼻緒で靴ずれしやすいですよね。
ですから、バンドエイドは持ち歩いたほうがよいでしょう。
また、鼻緒の部分に布などを巻いておくと靴擦れ防止できますよ☆

靴擦れ防止には、細い鼻緒より太い鼻緒で
鼻緒に中綿が入っていてやわらかいものがオススメです。

また新しい下駄は下駄の鼻緒を手でよくもんでおくと柔らかくなります。
最初は痛くても履きならしておくと靴擦れしにくくなりますよ。

下駄の色は白木のものと黒塗りのものがメジャーですね。
白木は初夏におすすめでさわやかで涼しげな印象を与えます。
はいている人も少ないので個性が活かせますね。

giu503_v9_また、ベーシックな黒塗りのものは初夏から晩夏まで使えます。
どんな色の浴衣でもひきしめてくれますよ☆
黒塗りのものは汚れが目立ちにくいという特長もあります。

でも、どうしても下駄や草履は苦手、という方も多いかもしれませんね。
最近は、浴衣にサンダルをあわせる人も増えています。

履きなれたサンダルなら、
下駄のように痛くなることもなく、浴衣でのお出かけを最後まで楽しめますよね♪

サンダルを選ぶときは和柄やエスニック柄のシンプルなものがおすすめです。
厚底サンダルも、意外に浴衣に似合います。

あまり派手なデザインだと浮いてしまうので浴衣のデザインとあわせて選んでくださいね。

また、帯や髪飾りの色とあわせるとまとまって見えますよ☆

そして、下駄にしてもサンダルにしても素足で履く場合は、ペディキュアもしたいところ。
浴衣や小物に入っている色であわせてみては?