sin2612_wk_1

浴衣を着てお出かけするとき、長時間だと足が冷えてしまう、という方も多いかもしれませんね。
とくに冷房の効いた電車の中やレストランなど足元の対策はどうしたらいいのでしょうか?

浴衣を着てお出かけはいいけれど、素足なので冷える!という方も意外と多いのでは?
浴衣は風通しが良いので、冷房の下だと少し寒く感じるかもしれませんね。

遠くの花火大会に行くときなど、素足だと不安という方も中にはいるのでは?
他にも、汗かきなので、素足に草履は嫌、という方もいるかもしれませんね。

そう、素足じゃなくて何か履ければカバーできるんです。
浴衣に足袋ってありなんでしょうか?

浴衣というと、下駄や草履を素足で履くイメージが強いですが、
じつは、素足じゃなくてもOKなのをご存知ですか?

本来の意味でいうと浴衣は風呂上りに素足できるものでした。
でも、それだけでなく、補正や下着などもなく、髪型なども必要以上におしゃれをするものではありませんでした。
今は違いますよね。

sin2612_wk_2浴衣はどんどん変化していますので、
浴衣に足袋もありだと思いますよ。

そして、足袋を履いていると素足で鼻緒に触れないので、靴擦れも防げます。
履き慣れていない下駄はどうしても靴ずれが起きやすい履物、これは嬉しいですね。

シンプルな白い足袋もよいですが、どうせなら足袋でもおしゃれをして個性を出してみては?
今は浴衣用のおしゃれな足袋が出ているんですよ!

レースのものや、親指のところにワンポイント入っているものなど、種類も豊富です。
どんなものにしようか迷ってしまいますね!

浴衣に足袋は野暮ったくなってしまうかも?
と悩んでいる人もいるかもしれませんが、
浴衣の柄や小物と上手く合わせたら逆にオシャレ度がワンランクアップするかも!

ほかにも、足袋でなくても足袋型や5本指の靴下でもおしゃれなものがありますから、候補に入れてみてもいいですね。

寒さ対策、汗対策、靴擦れ対策、そしておしゃれとして、
浴衣コーデに足袋を取り入れてみるのもおすすめですよ☆

浴衣で遠出するときには、持って行くと役立ちそうですね。